きままろまん

1日1つSS掲載! ショートショート/スクリーンショット 小説と雑記のブログ

FF7R Chapter2

f:id:ikunonomichino:20200411191215p:plain

 

  • 八番街の出会い

 

順調に進んでいますよ~!

3章でかなり自由に行動できるようになって楽しいですね~

4章はバトルが多くて大変だったけど(何回か全滅したw)、

章の名の通り疾走感あって良かったですね~

そして今は絶賛5章プレイ中です!

 

ではでは、今日は2章をまとめます~!

昨日の1章はこちら↓です

 

ikunonomichino.hatenablog.com

 

f:id:ikunonomichino:20200411191657j:plain

 

星を救うための犠牲……

自分たちの罪の意識を軽くしてくれる使い勝手の良いセリフですよね……

 

f:id:ikunonomichino:20200411191710j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411191716j:plain

 

ジェシーとの絡みがけっこう好きです

マテリアいっぱいくれるのも嬉しいw

そして、ここからようやくマテリアと装備をいじれるようになり、

敵を倒すとAPが手に入るようになります!

 

f:id:ikunonomichino:20200411191651j:plain

 

「MATERIA & EQUIPMENT」では、

武器や防具、アクセサリ、マテリアの装備変更ができます。

ここですごいな~って思ったのが、右に出てる「MATERIA INFO」

これ、殆どのマテリアに、動画で説明入っているんですよ!

めっちゃわかりやすい!

 

f:id:ikunonomichino:20200411191748j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411191755j:plain

 

八番街プレートの市民たち。

初めて街に出たことになるのですが、もうひっきりなしに誰か喋ってる。

しかもその数がすごい!

何パターンかセリフを持っているモブもいるので、

全部聞きたいとか思うと大変なことになるw

 

壱番魔晄炉を爆破した後、

街の人たちの悲鳴っていうのを原作で意識したことがなかったので、

リアリティの高い作り込みに胸が痛くなる場所でもあります……

そうして八番街を駆け回っているクラウドが見たのは、

 

f:id:ikunonomichino:20200411191801j:plain

 

セフィロス……

 

f:id:ikunonomichino:20200411191807j:plain

 

この汗のリアルさ……半端ない。

 

f:id:ikunonomichino:20200411191815j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411191827j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411191834j:plain

 

思い出すだけでも鳥肌が立ちます……

なんだろう、言葉が出て来ない……

 

f:id:ikunonomichino:20200411191840j:plain

 

このセリフ、意味深かな?

って思って撮っておいたんですよね。

ちょっとどういう意味かはっきりわからなくて。

ぼんやりと、ああいうことかなって感じはあるんですけどね……

 

f:id:ikunonomichino:20200411191913j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411191920j:plain

 

ちょいちょいこんな人見えるとか、すごくイヤだ……w

クラウドの焦り具合がすごくて、

トラウマなんだなっていうのがしっかり伝わってくるのも原作以上ですね

 

f:id:ikunonomichino:20200411191929j:plain

 

そして、エアリス登場!!

この覗き込み方、かわいい!

カットシーンの展開に惹かれて、ついついスクショを忘れがちなのですが、

ここのシーンの2人の会話がすごく噛み合ってなくて、

それでもエアリスが優しくしてくれるのが嬉しかったです……!

 

f:id:ikunonomichino:20200411191945j:plain

 

お花をもらってから暫くすると、

エアリスが周囲に何かいるように追い払うような動きをします。

「助けて」

そう言われ、腕を掴まれたクラウドが目にしたのは、

謎のうようよ。

どう言っていいかわからないんだけど、うようよ。

ディ○ンターって勝手に呼んでますw

 

f:id:ikunonomichino:20200411191955j:plain

 

エアリスと別れ、神羅兵と戦いながら駅を目指すクラウド

兵士に囲まれたクラウドの大剣を見て、ある兵士がこんなことを……。

剣を気にするなんて、

「彼」を知っているようにしか思えなくて驚きました。

どこかでまた回収してくれるのかな……?

 

f:id:ikunonomichino:20200411192001j:plain

 

アバランチと無事合流!

この一言が、カッコつけてるだけで、なんかダサかったw

今回のクラウドは時々カッコつけようとしてスベってるときがあって、

そこがかわいいというか人間らしいというか、

この時のクラウドのイメージそのままで、

こういうセリフ聞くの好きですw

 

f:id:ikunonomichino:20200411192009j:plain

 

原作でもよく覚えてるここのシーン!

この話をちゃんと聞いてなくて、

ミッドガルがピザって言われてる理由がよくわからなかったのを覚えてますw

 

f:id:ikunonomichino:20200411192014j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411192022j:plain

 

バレットにしては優しく諭してくれた言葉に、

クラウドは何も言い返せない……

少しずつ、本当に少しずつですが、

クラウドが変わっていくのはここからかなって思っていたりします。

 

f:id:ikunonomichino:20200411192028j:plain

f:id:ikunonomichino:20200411192033j:plain

 

無事、2章もクリア!

明日は3章をまとられそうかな~って思っています!

 

それでは、皆さんもミッドガルライフを楽しんでくださいね!

では、おやすみなさい!

 

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2010 - 2020 SQUARE ENIX CO., LTD.